清水エスパルスのチームエンブレムを紹介する

清水エスパルスは、日本の静岡県静岡市(合併前は清水市)をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。1991年にJリーグへ加盟した。ホームスタジアムはIAIスタジアム日本平、練習場はエスパルス三保グラウンド。チーム名の「エス(S)」は「サッカー、清水、静岡」の頭文字で、「パルス(PULSE)」は英語で心臓の鼓動を意味する。クラブカラーはオレンジ、サッカー ユニフォームは常にオレンジを採用する。

1993年のJリーグ旗揚げとともに清水エスパルスのマスコットキャラクターとして誕生した。3つの候補の中から公募で選ばれた。パルちゃんは「サッカーに要求される速さ、強さ、賢さをもち、かつ現代的で品格がある可愛く元気のよいキャラクター」と位置づけられ、Jリーグのマスコットの中で屈指のパフォーマーとエスパルス公式サイトでは紹介されている。

パルちゃんとピカルちゃん)

エスパルスとサポーターを結ぶ「友達(パル)」の意味から名づけられ、イラストデザインはアメリカ人のイラストレーター、ガイ・ギルクリストによって描かれた。犬やコアラなどにも見えるが、実在生物のモチーフは特になく、架空の生物である。耳が羽の形をしており、三保の松原の羽衣伝説にちなんで現代版の羽衣を表している。ユニフォームの背番号は0。パルちゃんの恋人ピカルちゃん(名前の由来は勝ち星およびタイトル獲得を示す星より)は、2012年8月には登場し、背番号77だ。パルちゃんの妹は「こパルちゃん」、こパルちゃんの背番号は12。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です